虫歯にさせない歯医者はキッズ専門の歯科医 - キッズデンタルパーク

人間の歯は3才までの口内環境で、
残り一生分の歯の健康状態が
左右されると言われています。

キッズデンタルパークを一言でいうと、子どもたちを「育てる」小児歯科。
子どもたちの口腔に、点(一定期間のみ)で介入するのではなく、
幼少期から永久歯列が完成するまでの間、子どもたちの生活に
ずっと寄り添い続ける教育型医療スタイルの歯科医院です。

価値観 子どもたち自らが「歯を大切にする心」を育てます生活習慣 プロフェッショナルケアはもちろん、ホームケアも徹底教育します

健康な口腔 結果として健康な口腔歯列を完成させます

0さい → 12〜3さい

まずは健康な「永久歯列の完成」が目に見えるゴール。
さらにKDP卒業後、子どもたちが成長していく中で、
「口腔を大切にする」価値観をしっかりと持ち合わせた成人になるようサポートします。


キッズデンタルパークは、
「ムシ歯にさせない」ための
歯医者さん。

子どもたちにとって、歯医者はこわくてキライな場所。
でも、ここでは「歯医者がキライ!歯医者になんか行きたくない!」なんて子は、ほとんどいません。
むしろ院内は、子どもたちの笑顔であふれています。
なぜでしょう? 理由はとってもカンタン!ここには、ムシ歯になって痛い治療をする子がほとんどいないから。
“キッズデンタルパーク”は、子どもたちが遊ぶような感覚で、ムシ歯にならないための正しい予防習慣を身につけていく、
親子で学ぶキッズ専門の歯科医院です。

ムシ歯予防は、
子育ての大切なひとつ。

ムシ歯予防は生活習慣のひとつであり、子育てそのもの。
ただし歯科医院に通うだけではなく、ご家庭でのホームケアもとても大切になります。
だからこそ、私たちはご家庭のみなさまとお子さまのお口の情報を共有し、
いっしょになってどうすれば改善できるか、維持できるかを考えていきます。
そして同時に、ひとりでも頑張れる子どもの自立心を育んでいきます。
一生健康な[歯+口腔]でいるためには、できるだけ早い時期に予防習慣をつくることが大事。
まず保護者のみなさまが正しい知識を身につけ、家族みんなで予防に取り組みましょう。

キッズデンタルパークが
二人三脚でしっかりと
サポートしていきます。


子どもたちだけの
場所であること。
歯科診療が自分のためのものと
自覚できる空間。

キッズデンタルパークでは、
待合から診療ルームまで、すべての空間設計を子ども専用につくっています。
四人の妖精ストーリーに囲まれたミニチュアタウンで、
子どもたちはごく自然と診療を自分たちのものであると受け入れることができます。

子どもが安心して
診療と向き合うことができる
オリジナル設計された
デンタルユニット。

診療を受ける中で、一番大切な場所となるデンタルユニットも
子ども視点からオリジナル設計しました。
そこは歯科医師や衛生士と、強い絆に結ばれる安心の場となります。